ビデオ・映像制作の基本
映像

映像とは

映像といのは外来語でいうところの「イメージ」といっても過言ではないでしょう。その名の通り文章よりも相手に伝わりやすく、ビデオ・映像を制作する側の意図が「イメージ」として伝わりやすいですよね。この点は似ているかもしれません。

映像の表現方法は今や多様化しており、実写のみならずCGやアニメなど幅広い分野で適応されています。映像がより身近になったのはわりと最近のことでつい一昔まえならなかなかお目にかかることは無かったのではないでしょうか。

私のように産まれた頃からテレビが身近にあった世代からすると映像と言うのはさほど遠い存在ではないと感じますよね。そう、映像というのはテレビの急速な普及と共に広がり、かつては貴重なものとされていました。

しかし現代では小型化や大量生産により映像を映し出す機器やビデオ動画を作成できる機能が備わった機器は身の回りに数多く存在します。今や映像とは何かと定義するのは難しくなっているほどです。

映像関連の作品は映画やテレビ、ビデオ、写真などが上げられるでしょう。

ビデオとは

ビデオとはもともとビデオ機器の事をいいますが現在はビデオと省略されることが多く、映像と同じ意味で使われることが多くなりました。

ビデオがなぜ動いているように見えるかというと、基本的に人間がスムーズだと感じる速度、毎秒30コマの感覚で静止画が流されているから。つまりビデオとは静止画の組み合わせというわけです。

ビデオ編集はこの一コマ一コマの静止画を調整することにより、印象的な場面や思い出に残る場面を抜き出していき、より良い作品を作って行くのです。テレビも同じような原理を生かし電波を通じて皆さんの家庭に配信されており、もともとは静止画の集まりから出来ているのです。

Valuable information

クラウド型勤怠管理で業務を効率化!

勤怠管理 システム

人気の靴やアクセサリーなどのアパレル商品について、詳しく説明しています。

株式会社セレブレーション

創業42年に生まれた歴史のある企業の紹介です。

ベルウェール

最終更新日:2017/12/27

- ページの先頭へ戻る-
Copyright © 2009 ビデオ制作の基礎を学ぶ All Rights Reserved.