ビデオ・映像制作の基本
映像

ビデオ制作の流れ

ここではビデオ映像制作会社へ依頼したときの流れについて説明していきます。

打ち合わせ
映像制作会社を選んだらまずは打ち合わせがありますがその前に決めておかなくてはならない事柄がありますので要注意です。

まずはビデオ制作において何を伝えたいのかを明確にしビデオを見てもらいたい方のターゲットを絞ります。簡単に大まかな内容でいいので自分のコンセプトを固めましょう。

それから映像制作会社からいくつか質問があるとは思いますが自分の目標が固まっていれば容易に答えられる内容でしょう。ここで入念に打ち合わせしてより良いビデオ映像を制作しましょう。
台本制作
打ち合わせの後はいよいよ企画や台本制作に入ります。この段階は完成したビデオ映像に大きく関わってくるのでもっとも注意を払わなければなりません。

基本的にビデオ制作会社が打ち合わせを元に台本や大まかな企画を立ててくれるのですがここでイメージのギャップを最小限に抑えましょう。やはり映像制作のプロなので思いもしないアイディアや面白い企画を提案してくれると思います。

台本作りは映像の良し悪しを左右する言わば道しるべのようなものなのできちんと土台を固める必要があります。
映像撮影
ビデオ制作の山場とも言える映像撮影。

プロのカメラマンや映像を撮影する場所などを同時に手配し、いよいよ撮影が始まります。このとき現場を仕切るディレクターが必要になりますが映像制作会社に任せておくだけですべて手配してくれるので問題はないでしょう。

カメラ、照明、スケジュールの管理など面倒なことは全て手配してくれ、会社によってはハイビジョンを備えたところもあるのでより高品質なビデオ作品が仕上がります。
映像編集
撮影を行った材料からクオリティーの高い作品を生み出すために編集作業をします。

プロに依頼することによって単純にいらない要素を削除しただけの映像に直下することなく編集によってデザイン性を高めます。デザインはその会社の腕の見せ所でしょう。

視聴者がいかに見てて飽きない映像を作るかはこの編集作業に大きく関わってきます。

ただダラダラと長い映像だけであれば視聴者は貴重な時間を費やしてはくれません。メッセージを詰め込みすぎず、シンプルな映像が一番好かれるといえるでしょう。
音声・音楽を加える
映像は見せるためだけではなく音声を加えることによって大幅にイメージが変わってきます。

音楽も良いビデオには欠かせない作品の一部なのです。オリジナルのナレーションを加えて自分なりの個性溢れるビデオを制作しましょう。
完成・納品
完成したビデオ映像は用途に合わせた形態で納品してくれます。最近ではDVDが一般てきですがテープなどにも収めることが可能です。インターネットサイト用に映像を変換したいのであればDVDで納品してもらうのがおすすめ。

サイト用に映像変換することによってビデオの使い道は格段に広がるでしょう。またビデオのパッケージもイメージに合わせてデザインしてくれるので希望があれば事前に伝えておくといいでしょう。

Favorite

名古屋 脱毛サロン

Last update:2017/11/13

Copyright © 2009 ビデオ制作の基礎を学ぶ All Rights Reserved.