ビデオ・映像制作の基本
映像

ビデオ・映像関連用語

ビデオ制作や映像に関する主な専門用語を集めました。

アイリス
露出を決定する絞りの事で画像、映像の明るさを決定する機能。DVカメラにはオートアイリス機能が備わっている。
アイレベル
業界では「目高」とも呼ばれるアイレベルは目の高さから映像をとらえたもっとも基本的なアングル。普段見ている光景に近いのでよく利用されます。
アフレコ
撮影した映像にあとからナレーションや効果音を加えること。アフターレコーディングの略ですが正式な英語ではなく映像業界の専門用語です。
カチンコ
シーンナンバー、カットナンバー、テイクが記載された小型の黒板のこと。
フレア
カメラに光が入射し、乱反射を起こして画面全体が白っぽくなる現象。
走査線
テレビ画面を構成する電気信号の本数の事で、この本数が多ければ多いほど鮮明で綺麗な映像を映し出すことができる。
引き
カメラ位置を後退させたり、ズームレンズの焦点距離を調整することで広範囲を映し出す技術。
ビデオ
映像を記録し、再生する事が可能なシステム全体を指します。
ビデオクリップ
ミュージシャンのPRやイメージアップを図って制作された短編のビデオ。
同期走行
タイムレコードなどを使って2台以上の記録機を同時に運転し、同じ速度で走行させること。
映材
撮影に必要なフィルターやパラフィン紙などの消耗品。
エフェクト
画像や音声に効果を加えること。
エンドロール
映像作品の最後にスタッフや監督等の名前をテロップで表示させ流すこと。

Valuable information

喜多方ラーメンの通販

2017/12/7 更新

Copyright © 2009 ビデオ制作の基礎を学ぶ All Rights Reserved.